10月24日(日)浜田市にて開催された島根県総合防災訓練に参加しました。準備中2

 今年は、「浜田市沿岸断層を震源とする地震が発生、浜田市の一部で震度7の揺れを観測し、津波警報が発表される。 また、この地震により、各地で家屋の倒壊、土砂崩れ、倒木などにより孤立地域が発生、負傷者も多数出るとともに沿岸部の一部では津波による浸水被害が発生している。」として開催されました。 

 県生協連からは、2名参加し、物資輸送避難所搬送訓練を実施しました。                  今年度は、会場に集積された物資を長浜小学校に設営された避難所へ搬送する物資輸送訓練を行いました。メイン会場、避難所設営訓練会場は離れた場所で、2会場をつないだ輸送を行ないました。

訓練では計画と違う状況も発生し、受け渡し現場で調整しながら実施したことで、より実働状態に近い想定での取り組みができました。

 各訓練が同時進行で進められたため、実際の訓練の状況を見られませんでしたが、想定されたような広域の地震、津波が発生した際に、初動、救助、救護所等それぞれの機関が役割を果たし総合的に被害を最小限に抑えることを実感できる訓練となりました。

屋根 屋根から救出

海 海上で取り残された方救出

生き埋め救出 埋没自動車から救出